プロフィール

Wolfy

Author:Wolfy
平凡な50代 家族持ちのサラリーマンですが、なるべく早めのリタイア目指し、日々の生活、街歩き、資産運用、旅行などの話題を綴っていきます。ANA SFC保有です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加しています

応援よろしくお願いいたします

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アーリーリタイアに向けて頑張る
平凡なサラリーマンが、アーリーリタイアに向けて準備しています
退職に際して有給休暇を消化できるか? 本来は取れるので計画的に取りましょう
 退職することは既に会社に伝えてありますが、昨年は仕事が忙しかったこともあり、殆ど有給休暇を取れませんでした。 最後なので有給消化をしようと思いましたが、少し取りずらい雰囲気が有りました。

AKANE072160353_TP_V.jpg

  昨年は、結構仕事が忙しく、風邪で2日休み、病院で検査の為に1日休み、以外は休んでいませんでした。 正確には、年度の初め頃に、リフレッシュ休暇は取得しましたが( ”ハワイ旅行(1)” )、これは長年働いたご褒美のようなものですので、、、、、

  正確に数えていませんが、昨年付与された有給の日数は20日以上残っている筈です。タイミング的には微妙なところもありますが、今のところ退職日は4月末の見込みで、新年度で更に有給休暇が付与されますので、合わせて40日以上となる筈ですね。

 上司に最後の1か月弱は有給消化としたい旨を話しましたが、”う~ん、、そういう人はあまりいないんだよね、、” と言われました。

 過去に、転職等含め、周りで定年を前に退職していった人たちはどうだったか、を思い出してみましたが、殆どの人は、挨拶メールで、 

”、、、、なお、退職日はxxxですが、最終出社日はxxxになります、、、、”

というような感じで、或る程度 長めに有給消化をしている印象が有ったので、特におかしくはないのかな、と勝手に思っていたんですね。

 気になったので、世の中一般的にはどうか、と調べてみることに。

例えば以下のページ (マイナビ転職から引用)
”【退職時の有給消化、平均はX日】有給消化に必要な3STEP&トラブル対処法”

 この調査からは、 会社に「退職する」と伝えてから、実際に取得した有給休暇の日数として、0~4日のみという人が全体の46.1%を占めているという、私にとっては結構驚きの数字でした。

UQ_graph1.jpg

 この調査は、転職する人がメインの対象なので、次の会社の都合も有るのでしょう。 私の場合は、もう次の会社勤めをするつもりが無く、以降は、基本的に自分で時間をコントロールできるので、状況は違って、次の日程を特に気にする必要は無く、フレキシブルに考えられる点で異なっていますね。

 基本的には、有給休暇は労働者の権利なので、大手を振って取れるのですが、退職する場合に気を付けたいのが、

   ”立つ鳥跡を濁さず”

 でしょうか。 やはり、残された人、後任者に迷惑になるようなことはしたくは有りませんので、引き継ぎをきちんと行った上で、上司、同僚、後任者と良く話し合い、スケジュールを共有した上で、有給休暇を取っていくことになりますね。
 
 その後の話し合いで、引き継ぎ作業(既に実施中)は、結構な時間が掛かりそうだということはお互いの共通認識ですので、退職日は、或る程度 先の日付で設定することになりそうです。 ここは少し余裕も見ていますので、引き継ぎ作業をなるべく効率的、早期に終わらせて、残りは、時々引き継ぎ後の後任者の様子確認・アドバイス・フォロー、及び残件整理等で出社しつつ、有給休暇を消化していこうと思っています。

 やはり与えられた権利は有効に使いたいと思います。 但し権利を主張するのは、きちんと義務を果たした上でのことですね。


銘柄選び等、いろいろ参考にさせて頂いています

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
正解だと思います。
Wolfyさん、素晴らしいですね。なので私の事書いても意味がないかと思いますが、少しでも参考になれば嬉しいので書かせていただきます。私の場合GW明けに退職を申し出て有休は前年繰り越しの20日プラス当年24日のうちの23日、計43日残ってました。上司はう~ん退職について止める権利はないし次のキャリアを尊重するから認めるけど、有休は権利を行使せず、なるべく早く後任を捜すので、引き続きまでよろしくお願いします。と言われました。その後は週1日、朝晩家でメールなど対応しながら有休を取得。7月に後任が決まり引き継ぎ、7月末退職。取得は7日で残は36日でした。”、なお、退職日はxxxですが、最終出社日はxxxになります、、”私も何度も見たことありますが、、私の会社のケースでは殆んどが退職勧奨された方々でした。”立つ鳥跡を濁さず”は重要と思います。先日、羨ましがられたと書かれてましたが、それはWolfyさんの人徳で私の場合、若干嫉妬する人もいた気がします。投資のこと上司には話ませんでしたが、何となく漏れてましたから。セミリタイアしても学生時代の友人は忙しく働いていてなかなか会えません。そんな中、以前の会社の飲み会にいまでも呼ばれるのは結構楽しいもので、最後まで頑張って良かったと思ってます。
[2018/03/08 10:27] URL | texisky #- [ 編集 ]

Re: 正解だと思います。
texisky さん

またまた返事が遅くなりすみませんでした。このところ毎週出張が続き、昨夜戻ったところでした。

コメント頂きありがとうございました、参考になりました。
texisky さんの場合、退職まで3か月弱の期間が有ったものと思いますが、取得された有給休暇は7日ということですね。
後任者が決まったのが遅めだったこともあったのでしょうけど、実際にはなかなか有給消化は難しそうですね。というか、texisky さんの場合は、引き継ぎをかなり頑張られた様子ですね。 以前の会社の飲み会にお誘いされているのも、引き継ぎ及び退職が非常にスムースにされたものと想像します。
 退職すると、どうしても、それまでの人との繋がりが減りますので、以前の会社の方と今でもお付き合いがあるのは貴重なものと思います。私もそうありたいと思っています。
 
 



[2018/03/10 08:10] URL | Wolfy #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する